舛添要一、”バラエティで再起動”が猛バッシング!?「やり方があざとい!」

 8月17日に放送された『有吉ジャポン』「芸能人リアルお金事情調査」に元東京都知事の舛添要一氏が出演した。

 舛添氏は今回の『有吉ジャポン』が、東京都知事辞職後の初テレビ出演であり、放送前から大きな注目を集めていた。



 ところが放送終了直後から、ネット上には舛添氏をバッシングする声が多く集まり、自ら辞職のきっかけにもなった昨年の「政治資金騒動」当時さながらの手厳しい批判が浴びせられているという。

 番組ではスタッフが舛添氏を訪ねた際、持病の股関節の手術のため都内の某病院で現在リハビリ中の姿が映っていた。
 人工股関節のためにベットに横たわり、杖をつかないと歩けない姿を見せていたほか、直近の月収が11万円しかなく、食事も100円のカップラーメンと家庭菜園の野菜を収穫する極貧生活を行っている姿も放送された。
 さらに舛添氏は「子供もまだ未成年でありお金がかかるので、早く就職したいしテレビ番組にも出たい」と語っていたのだ。

 この舛添氏の一見弱々しい姿に、ネットでは「やり方があざとい!」「国民を舐めている!」などの厳しい声が相次いだ。

 舛添氏については都知事時代に話題になった湯河原の別荘のほか、趣味で手に入れていた有名絵画などの資産があったのは記憶に新しい。更には都知事辞任時の退職金が額面で2200万円もあったはずである。
 また、いくら手術費用がかかったとはいえ、そこまで高額を支払うことはこの日本では有り得ないはずだ。

 そのようなわけで、100円のカップ麺をすする生活とはあまりにリアリティがない演出であると、番組自体もまた非難されている。




 もともと舛添氏は政治学者として多くの討論番組やバラエティ番組などに出演してきたタレントであり、テレビを使ったイメージ戦略はお手の物だろう、と穿った考えを持つ者は筆者だけではないはずである。

 さて、今回の番組出演を皮切りに、舛添氏が再びメディアで活躍する日がやってくるのだろうか‥・そしてその時こそ、24時間都民のために、いや、国民のために働いてくれるのだろうか。

(文:江戸前ライダー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事
新党改革の闇、高樹の大麻、舛添ケチ問題
現代の御霊信仰!?元東京都知事 舛添要一の呪い、関係者を全員不幸にする?
【諸行無常】舛添、田代、酒井…お騒がせの行く末を暗示していたゲーム!?
辞任報道で「舛添要一 朝までファミコン」がヤフオクに大量出品!
舛添都知事のヤフオク問題「ヤフオク中毒」の可能性あり

画像は『都知事失格』表紙より




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る