創世神によって殺害、死体が世界の基礎となった巨大女神【トラルテクトリ】

 アステカ神話に登場する大地の神。その名は「大地の主」を意味している。

 両性具有であるが、女神とされる事が多い。非常に体が大きく、世界の海にまたがって存在していた。太ったカエルのような姿に大きな口、二本の牙、鋭いかぎ爪のある足という化け物じみた姿をしており、巨大なワニの姿をとる時もあったという。

 現在の世界を創造する際に、アステカ神話の創造神であるケツァルクアトルと、その兄弟神であり争いの神であるテスカトリポカの二人の手によって殺され、世界の基盤にされたという。




 トラルテクトリの上半身は大地に、下半身は上に放り投げられて天になった。彼の髪は木や花に、皮膚は草木が育つ栄養に、目や口は泉や川の水源になった。また、鼻は山や谷となった。

 これは世界中に見られる、巨人や神の大きな体が解体されることで恵みをもたらす神話の一形態の典型例であると共に、神事に生け贄を要するアステカの信仰を現しているようで、非常に興味深い。実際、生け贄の儀式に使われる道具にはトラルテクトリの姿が刻まれている。

(山口敏太郎事務所 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)







関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る