CM契約多数、超売れっ子女優AがスタッフをVIPから奴隷までランクづけ

俳優には奇人変人が多い。

ロリコン疑惑のある若手俳優や、実ははっきりしゃべれるのに、甘ったるくしゃべる子役など、一般社会の感覚では理解できない人物が見られる。




今回、ATLASで紹介する女優Aは、今やトップクラスの人気女優である。

CMも数本出演しており、年収も一億を軽く突破している。

そんなAだが、性格の悪さ、奇妙な行動があちこちのスタッフから報告されている。

ある現場では、大勢いるスタッフを「VIP」「貴族」「家来」「農民」「奴隷」と格付けして個別に待遇を変えていた。

「VIP」は金の生る木のスポンサー企業関係者、「貴族」はいわゆる広告代理店関係者やキー局のプロデューサー、「家来」は自分の命令をよく聞く放送作家や制作会社のプロデューサー、「農民」はアシスタントプロデューサーやディレクター、「奴隷」はADであるという。

なお、名前を覚えるのは「貴族」まで、口を聞くのは「農民」までと決めていたという。

しかも、撮影中は『✖✖製薬の〇〇の▲▲バージョン買ってきて!』 と、事細かに栄養ドリンクを指定して、山中から麓まで「奴隷」を使いっ走りさせたり、 ある日の撮影中「農民」に向かって『撮影終わったら魚釣りたいから、竿や仕掛け用意しといて』 と意味不明の指示までも出す始末。




今や元来意地悪だった性格を満天下に知らしめ、元々の自分を普段通りに振る舞うごとく悪女を演じてブレイク中のA。

昔馴染みのスタッフでさえも『悪女の演技が上手いのではなく本性です』とテレビを見ながら呟いているという。

(隼 英人 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連ニュース
枕営業斡旋!?アイドルA、スポーツ選手や芸人に合コンセッティングでウハウハ商売!
新婚なのに風俗?文化人A、事務所公認のお店で下半身大興奮!
美人女優Mは漢字が読めない!?台本はオールふりがなで小学生レベル?
裏切りおデブちゃんA、恩人を次々切り捨てて生きていく芸能界処世術
昭和の名女優B、楽屋から聞こえてくる話のお相手って誰?

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る