怪物界のグレートマザー、不老不死の蛇身女神「エキドナ」

 『エキドナ』はギリシャ神話に出てくる怪物であり、神である。上半身は絶世の美女であるが、下半身は大蛇であり、場合によっては背中に翼が生えた 姿で表現されることが多い。

基本的に、不老不死の存在とされているが、ペロポネーソスで家畜を襲っていた時に、百の眼を持つ巨人『アルゴス』によって退治され、命を落としている。




 一説には、スキタイ地方で信仰された土着の女神だったとも言われており、スキタイ地方がギリシアに組み込まれる過程で、女神『エキドナ』もギリシャ神 話に悪役として組み込まれた可能性がある。また、『エキドナ』が産んだとされる怪物たちは、同地方の反乱や反逆者を意味しているもかもしれない。

 ヘーシオドスの『神統記』は、神々の系図を書いている文書なのだが、同書によると『エキドナ』は、『クリューサーオール』と『オーケアニデスのカリロエー』の娘とされているが定かではない。また、『エキドナ』は”すべての怪物の母”という異名を欲しいままにしたが、その生活は孤独であり、洞穴で一人暮らしをしていた。

 夫は『テューポーン』であり、『ケルベロス』や『ヒュドラー』な どを産み、その後は息子の『オルトロス』と結婚し、『ネメアーの獅子』や『クロミュオーンの猪』『スピンクス』を産んだと言われている。




 ちなみに、ハリモグラは、原獣亜綱カモノハシ目ハリモグラ科の4 種のうちの1種であるが、国によっては『エキドナ』という異名で呼ばれる。

 これは哺乳類でありながら 、卵を産む習性から、半分人間で半分蛇である『エキドナ』のような動物だという意味から名付けられたそうだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る