コウノトリのご利益で「強い女性」に!子宝と夫婦円満の社「鴻神社」

鴻神社は、埼玉県鴻巣市に所在する神社。毎年12月4日には、境内にて酉の市が開かれることでも知られる。

昔、「樹の神」と言われる大樹があり、人々は「樹の神」の難を逃れるためにお供え物をして祭っていた。これを怠ると必ず祟りが起こり人々は恐れ慄いていた。

ある時、一羽のコウノトリが飛来して、この木の枝に巣を作り卵を産み育て始めた。すると大蛇が現れて卵を飲み込もうとした。これに対しコウノトリは果敢に挑みこれを撃退させた。それから後は「樹の神」が害を成す事は無くなったという。




人々は木の傍に社を建て「鴻巣明神」と呼ぶようになり、土地の名も鴻巣と呼ぶようになったと伝えられている。

鴻の宮では巣を作り卵を育てたコウノトリ伝説にちなみ、夫婦円満と子育てにご利益のある夫婦銀杏と卵を模したお守りがあり、銀杏の木の下にある旧鴻の宮のすぐ脇には、卵お守りを奉納する小さな社がある。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像は鴻神社公式HPより




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る