美人女優Mは漢字が読めない!?台本はオールふりがなで小学生レベル?

美人女優Mは業界内では「漢字が全く読めない」ことで有名だという。

Mは数多くのドラマや映画に出演した過去があるが、事前に渡される台本はMにだけ専用の特注で、セリフは全てフリガナ付きなのだ。




さらにはト書き(動作の指定)も国語力のないMは読み解くことができず、監督がMの台本に直々にイラストを書き込んだり、その場で演技指導を助けないと撮影が進行しないという。

いわゆる「おバカさん」なのであるが、その代わり誰にも真似できない天才的な演技をすることは世間が認めるところであり、決してオファーが絶えることはないという。

なぜ、Mはそうなのか?

実は、Mは中学時代からかなりのヤンチャをしており、高校にはほとんど通わずに荒れた青春を過ごしていたという。そのためか、学校で受けた教育のほとんどを忘れてしまっており、中年に近くなった今も自身の不出来に苦労しているというのだ。

例えば、医者のドラマに出演すれば「執刀」という漢字が読めず「こうとう」と読み間違えたり、学園ドラマに出たときは「首席」を「くびせき」と読み間違えるなど、NGが続き問題に。それ以来、Mに渡す台本は事前にスタッフとマネージャが顔を突き合わせてフリガナをつけていく決まりになったという。




もっとも、最近では本人も人目を気にしているのか、自宅では子供用の漢字ドリルで勉強をしているらしく、中学卒業レベルまでの漢字はようやく読めるようになったという。

天才女優もなかなか大変なものである。

(若葉イチロウ ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る