雪の上に足あとを残した謎の生物「伊香保温泉獣人」

 2006年4月1日の東京スポーツ誌面に掲載された、あるUMAの記事がある。

 その名も「伊香保温泉獣人」という名前で生物の足あとの写真が載っているものだ。変わった名前に掲載日がエイプリルフールのため、ジョーク記事のように思えるが、写真は実際に撮影されたもので正真正銘本物のUMA記事である。




 筆者の友人である漫画家の箱ミネコ女史が、群馬・伊香保温泉付近の某所で撮影したものである。

 撮影日は2006年の正月であり、子供を連れて父親の家に里帰りしていた。雪の残る道を子供と一緒に散歩中、奇妙な足跡を発見し、慌てて携帯で撮影したのがこの写真だ。写真を観察すると、確かに雪上に”3本指の奇妙な足跡”が確認できる。一瞬、サルの足跡とも思ったが、明らかに形が違うし、鹿や熊の足跡とも違う。なんらかの突然変異の生物か、奇形生物のものであろうか。

 其の頃地元では、鳥なのか、獣なのか不明な怪物が現れるという「怪物事件」が起きていた。ひょっとすると、その怪物の足跡写真ではないかと箱ミネコ女史は判断、山口敏太郎にメール送付で連絡をとった。(出現場所を伊香保温泉付近としたのは地元住民の一部がこれらの足跡の出現現象を畏怖しているため、配慮した)

 写真を受け取った筆者は、これは不思議な写真であると判断、東京スポーツと相談し記事にすることにした。名前がないので名付けてくださいと、東京スポーツに言われ筆者が「伊香保温泉獣人」と命名し、2006年4月1日に紙面にて発表されたのだ。

 さて、現場付近はUFO目撃事件多発地帯との事で、怪物との関連が指摘されている。また、日本版の「ジャージー・デビル」ではないかという指摘も一部からなされている。

 この奇妙な写真の撮影から数年後、今度は伊香保温泉付近の某森にて、池の湖畔に二足歩行が可能な毛むくじゃらな猿人のような怪物が出たという情報が寄せられた。




 目撃者の話によると、湖畔に人が立っていたので話しかけると 、振り返ったその人物は猿人であり、その猿人はそのまま二足歩行で立ち去ったという。しかも、足跡の撮影された時期とほぼ同じ時期であった。

 この謎の猿人と「伊香保温泉獣人」は同一の存在なのだろうか。伊香保温泉の付近には奇妙な生物が潜んでいるようだ。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る