フロリダに謎の巨大シンクホール出現、就寝中の男性がそのまま穴に落ちて行方不明

突如口をあけた巨大がシンクホールに飲み込まれ、命を落としてしまう不気味な事件があった。

CNNの報道によると、2013月2月28日フロリダ州ブランドンにて、一般住宅の真下に深夜シンクホール(陥没した穴)が出現。寝室で就寝中の36歳の男性がそのまま穴に落ちて行方不明になった。

このシンクホールとは、地下水や石油ガスを抜くことで発生する現象であり、地下資源・海底資源の採掘が続くフロリダでは稀にあることらしい。




落下した男性の兄弟が、落ちた男性の救出を試みたが、シンクホールは、たちまち約30メートルに拡大、為すすべがなかったという。通報を受けて現場に急行した救急隊は、拡大し続けるホールのへりにいた男性の兄弟を救出しただけにとどまり、その後落下した男性の捜索は断念せざるをえなかった。

このような不気味な穴は最近ロシアではシベリアを中心にあいている。こちらのほうが天然ガスの流失によって出来た空洞が落下し、大きなシンクホールになったと解釈されている。

他にも手抜き工事で巨大な穴があいたり、地下水の枯渇で道路が陥没してシンクホールがあいてしまう怪奇な事件が世界各地で確認されている。

関連動画
Florida Man Swallowed Alive by Sinkhole

(監修:山口敏太郎)




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る