黄金変成を可能にする赤い粉!?『ダンスタンの書』に記された秘術とは

 卑金属を貴金属に変化させるという物質変成の観点だけ見ても、錬金術は驚くべき技術だが、歴史上には、実際に錬金術で卑金属から黄金を生成したとされる話がいくつも残されている。

 例えば、イギリスの16世紀の占星術士ジョン・ディーと弟子のエドワード・ケリー。




 この2人が降霊術の研究にいそしんでいたある日、ケリーは霊に導かれ、ノースウィックの丘を訪れた。すると、そこで『ダンスタンの書』という錬金術の書物と大量の赤い粉末を発見した。

 ケリーは師匠のディーに報告し、2人は『ダンスタンの書』に書かれていた通り、赤い粉末を使って実験にとりかかった。すると、卑金属を金に変成することが出来たのだという。

 他にも、17世紀にオレンジ公ウィリアムの主治医ヨハン・シュバイツァーが、家を訪れた錬金術士から不思議な石をもらい、言われた通りその石を鉛につけてみると黄金に変化したという話や、18世紀のイギリスで、ジェイムズ・プライスという王立協会のメンバーが、研究の末に出来た白い粉で水銀から銀を生み、赤い粉から金を作り出したという話もある(だが、プライスは協会から調査するので協会に来るよう言われると、約束の日の数日前に自殺してしまった)。




 稀代の詐欺師として知られる18世紀の貴族アレッサンドロ・カリオストロの黄金変成の話など、詐欺まがいの話などももちろん多数存在するが、中には注目すべき話も存在している。

 やはり、錬金術は実在していたのだろうか?

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る