【実話怪談】妖怪と戦ったら幸運に!?「ザシキワラシVS体育会系大学生 」

【関東・男性・会社員・体験談 伝聞】

 この話は、僕が会社の後輩から聞いた話なんですよ。

 「先輩、ザシキワラシっているんですよね」
 こんな感じで、彼は僕に話してくれたんです。でもいきなり、こんな話されても俄に理解できないですよね。




 「ザシキワラシって、あの子供の姿をした妖怪?」
 当然、僕はいぶしかげな表情で聞き返してしまいました。

 「ええ、そうですね、僕はザシキワラシのおかげでキャプテンになれたんです」
 「なんだって、本当なのか」

 彼はなかなか好青年でしてね、さわやかな奴で嘘なんかつく人物ではありません。実は彼は、大学時代バスケットをやっていたんだそうなんです。日本大学のバスケ部にいたそうなんですが、なんとそこでキャプテンを務めていたんだそうです。

 大学の体育会系のキャプテンっていうのは、なかなかできるものではありません。そのキャプテンの座をザシキワラシのおかげで射止めたとは、どういう事なんでしょうか。

 彼の話によると、当時はまだ現存していた日大のバスケット部の宿舎があったそうです。その宿舎には、代々こんな話が語り継がれていたのです。

 「この宿舎には、ザシキワラシがいる。このザシキワラシを見た者は、必ずレギュラーになれる」

 そんな内容だったのです。ですが、その人物は所詮伝説だろうと鷹を括っていました。ある夜の事、宿舎で寝ていると全身が動かなくなったそうです。しかも、何者かが布団の上から、もの凄い力で押さえつけており、まったく抵抗できないそうなんです。




 「誰だ!!抑えているのは」
 必死に目を凝らすと、布団の上で体を押さえつけていたのは、小さなおかっぱのザシキワラシであったという。
 「はっ、放せ」

 必死に抵抗したものの、どうにもできず、結局朝まで気を失ってしまった。翌朝、とくに異常はなかったのだが、何故かめきめきとバスケットの腕があがり、レギュラー、そしてキャプテンにまで昇格したのだそうです。

 いまは、その宿舎もないそうですが、そのザシキワラシはどこに行ったんでしょうね。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る