【実話怪談】彷徨う菊姫

【福岡県・男性・自由業:本人体験談】

 福岡県宗像市にある福岡教育大学の美術科教棟の幽霊伝説は有名です。

 当時、学生の噂によると、無数の幽霊が棲んでいるといわれていました。目撃した人もいたみたいですね。  
 また、校舎の端のテラスに通じる屋根のない階段は、学生の間では「首吊りの階段」と呼ばれましたね。




 「それなんだけど、かつて絵を厳しく批判されて悩んだ学生が首を吊ったからだってさ」
 「へえ、そうなんだ」

 この階段では”見える人”には霊がうようよ見えたようです。
 これは僕の体験なんですが、その日の授業は、長引いて既に外は暗くなっていました。ようやく開放され、二階の教室を出たとたん、僕の前を歩いていた人が、「うわっ、見てしまった!」と叫んだのを覚えています。




 「どうしたの?」
 すかさず僕が聞くと、その人はこう言ったのです。
 「階段のある方に、着物を着た白い手の部分だけ…見えたんだ」

 実は、この辺りには戦国大名の宗像氏の菊姫に纏わる怪談が伝わっているのです。非業の死をとげた菊姫ですが、まだまだ無念の想いが強いらしく、自分の命日には、己の首を探して大学の付近をさまよい歩くらしいのです。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る