3月11日放送『めちゃイケ』宮城県ロケ賛否も「元気を貰った」の声が大多数!

 3月11日に放送された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ)は放送700回記念ということで、めちゃイケメンバー全員が大型スキー場へ訪れる特別ロケ「バカみたいに元気あんじゃんSP」が放送された。

 メンバーが訪れたのは宮城県の某スキー場。放送日が3月11日ということで、6年前に発生した東日本大震災を意識したロケであることは間違いなかった。




 番組はメンバー全員が雪山で全裸になり大暴れするなどの模様が放送された。既にメンバーの多くは40代後半となり20年前のキレ味はないものの、久々に若手芸人顔負けの体当たりロケを行いネットでは喝采を浴びていた。

 その一方、ネットでは批判的な意見が多く書き込まれていたようで「震災商法か?」「結局、悪ふざけしかできないのか」「避難者いじめが問題視されている今、良識を疑う」といった声があった。

 ところが、実際に宮城県ロケを見学した人物の話では、めちゃイケメンバーは現地のファンに対し愛想よく振る舞い握手してもらったという書き込みがあるほか、放送日の3月11日当日にはめちゃイケメンバー数名および番組テーマソングを歌う「ゆず」が宮城県南三陸町の商店街を訪れておりファンとの交流を図るイベントが開催されていた。




 イベントの模様は3月11日のエンディングにダイジェストで放送されたため、最後まで番組を見ないと意図が伝わらない放送であったのは間違いなく、結果として賛否両論の内容になってしまったようだ。

 なお、めちゃイケメンバーとゆずが南三陸町の商店街を訪れたイベントは現在のところ放送予定はないという。

(文:ミッチェル横山 ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

画像©PIXABAY





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る