日本初、死体を細切れにした猟奇殺人「玉の井バラバラ殺人事件」

凄惨な殺人事件は数多いが、日本で初めて「バラバラ殺人」という単語が使われるようになったであろう事件が、1932年3月7日に発生した「玉ノ井バラバラ殺人事件」だ。

東京向島の玉ノ井の、地区一帯を囲う「おはぐろどぶ」にハトロン紙に包まれた男性の遺体3部位が浮かんでいるのが発見された。




人を殺害するだけでなく、さらに細切れにするという殺し方は当時の国内では類をみないものであっり、玉ノ井が私娼窟、歓楽街であったことも手伝って、当時の世相の「エロ・グロ・ナンセンス」の典型でもあったこの事件は新聞などの当時のメディアがこぞって取り上げた。

なお、「首と手足バラバラ 男の惨死体現る」とした8日付けの朝日新聞の見出しがこの種の殺人事件に対する呼称のはしりとなる。

捜査は被害者すら不明のまま時間が過ぎようとしていたが、同年11月になってある巡査が世話をしたことのある浮浪者に似ていると証言。

男の名は千葉龍太郎、秋田県出身で30代、田畑を売り払って出奔し娘と行動しているとのことであった。

そして、手配の結果文京区湯島の長谷川市太郎の住民台帳に同居人として加えられていたことが判明。後に長谷川は千葉を殺害したと自白した。




始め、長谷川は千葉を家に入れたところ次第に家族に暴力を振るうようになったためたまりかねて殺してしまったと証言していたが、実は千葉がありもしない巨額の財産を譲るとチラつかせていたことも原因だったという。

その財産が嘘であったと判明した後に長谷川が千葉を追い出そうとすると、逆に千葉に長谷川が春画を売って生計を立てていることを警察に通報すると言われてしまったため、長谷川の弟と二人で殺害したのである。

(田中尚 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©PIXABAY




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る