「美味しいおやつが楽屋にない!」、いきなりキレて大道具を破壊したタレントB

芸能人は楽屋で食べる弁当やお菓子を楽しみにしている連中が多く、中には銘柄さえも指定してくる輩もいる。

アトラスでは楽屋にお気に入りのスィーツがないと外国人マネージャーがブチ切れる司会者の話をしたが、今回も大物タレントBの奇妙な食習慣について、記述してみたい。





タレントBは主に関西で活躍してきた。

彼の楽屋には常にあるお菓子が置かれていた。

どうやらBが少年時代から好きだったお菓子であり、常に食べてから収録に臨んでいた。

ある日新人スタッフがお菓子のセッティングを忘れてしまったのだ。

特にBは怒ることもなく、収録がスタートした。しかし、その日に限ってBの番組進行はメチャクチャになってしまった。

イラ立ち始めたBは大道具に思い切りパンチを入れ破壊した後、こう言った。

「あの●●●というお菓子を買ってこい!!!」

血相を変えたスタッフがいつものお菓子を購入してくると、Bはスタジオの片隅でコーヒーを、片手にむさぼり食った。




するとどうだろう。たちまちBは復活し流暢な司会を披露したという。

実はこのお菓子、Bが少年時代に母親に褒められた時によく食べたものであり、このお菓子を食べるとBは勇気が湧いてフルパワーで仕事が出来るという。

(和田大輔 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©写真素材足成




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る