「スィーツがない!」と激怒する売れっ子司会者Aの暴力マネージャー

わがままな芸能人は多い・・・。

さほど面白いわけでもなく、仕切りが上手いわけでもないのに、大手芸能プロダクション所属というだけで生き残っている司会者A。




このA、視聴者から全く支持がなく、業界では最も人気のない芸能人として知られている。

しかし、Aは局のプロデューサーや代理店のお偉さんにはヨイショや贈り物を欠かさず、才能がないにも関わらず業界で生き残っている。

また、このAという人間、スタッフにも特に評判が悪いわけではなく、本人もほどほどに愛想も良い。しかし、唯一のこだわり、ただならぬ思い入れがあるのだが、それがある店の人気スイーツだった。

楽屋では満面の笑みで、その某人気スイーツを頬張るがお約束だった。

ある日、そのスイーツをスタッフが用意するのを忘れてしまった日があった。するとAの表情が曇り、悲しそうな顔に変わっていった・・・。




すると、すかさずAのマネージャー兼ボディガードの外国人が番組スタッフたちにブチ切れ、何人かの襟首を掴んで吊るし上げ、「○○のスイーツがないとAさんは司会が出来ないんだよ!!」 と絶叫し、現場が荒れに荒れたという。

冗談みたいな大人げない話で本当に情けない。

(和田大輔 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

画像©写真素材足成




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る