女優Cが自分の入っている宗教団体の話をしながら号泣、撮影がストップ !

 女優Cは精力的に仕事をこなせ売れっ子だ。

 彼女は性格も良く、腰も低くくスタッフからの信頼も厚い。




 だが唯一難点なのが入信している新興宗教へののめり込みが異常な部分である。

 撮影がどんなに押していても、朝のお勤めは欠かさない。

 また、共演者たちに自分が入っている新興宗教に入信するようにしつこく勧誘するなどである。

 共演者への強制的な勧誘は、業界の大物から説教され収まったが、昨年こんなことがあった。

 某収録現場の休憩時間に彼女が入信している新興宗教のトップの健康問題に話が移った。




 健康が懸念されているという話が出た途端に、Cが大声をあげて号泣。共演者がドン引きする中、泣きまくるCがおさまるまで現場が止まってしまったという。

 いやはや呆れた話だ。

(松田ケン ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)




関連記事

最近の投稿


ページ上部へ戻る