廃業力士Bの末路、薬物キメながら飲み屋オーナーのボディガード !?

落ち目になったスターほど惨めなものはない。

アトラスでもクラブのDJをやっている元アイドルや、うつになってしまった元人気子役などについて報じてきた。




今回はある元力士の末路について述べたい。

一連の八百長騒動で大勢の力士が解雇されたが、中にはとばっちりを受けた無実の力士も数名いたと指摘されている。

元人気の若手力士Bも無実だと言われている。一時は飲食ビジネスを始めたがうまくいかず、知人の飲み屋の外部役員のような仕事をやっている。

外部役員と言っても実際は飲み屋オーナーのボディガードみたいなもので、遊び歩くオーナーに付き従って梅雨払いのような仕事にあまんじている。




しかも、言語が不明瞭であり、指先が震える状態であり、なんらかの薬をやっていると言われている。

人気者の末路は常に哀れなものである。

(隼 英人 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る