某芸能事務所がストライキ!?電話にも出ずマネージャーもタレントも雲隠れ中?

あるテレビ局関係者によると、今年1月に入ってから某芸能事務所Xが音信不通に陥っているという。

芸能事務所Xは一部の中堅芸能人が在籍している事務所ではあるが、独立系で規模はそこまで大きくはない。

しかしながら、事務所Xは数年前に亡くなった某大物芸能人Aが最後に在籍した事務所ということで、Aの肖像権および著作権の管理を遺族から一任されておりテレビ局とのパイプはかなり強い事務所である。




某テレビ番組関係者によると、今年1月10日頃、番組企画の相談のため芸能事務所Xのマネージャーにメールで企画書を送付。しかしながら数日待ってもマネージャーからの返答はなく電話にも出ない日々が続いた。

テレビ関係者は「きっと遅い正月休みをとっているのだろう」と考え、事務所の代表電話に電話。マネージャーに伝えてもらおうと思ったが、いつもは数コールで出るはずの代表電話も誰も繋がらず留守番電話にも繋がらなかった。

そればかりではない。放送局へと必ず届くはずである、芸能事務所Aからの請求書が昨年11月以降1枚も送付されておらず、1月から入金がゼロになっているのだという。

請求書は放送局が芸能事務所へ入金する際に必要な書類であり届かないはずがない。

2月現在も芸能事務所X所属のマネージャーはおろか、会社の代表電話でさえ誰も出ることなく、他の制作会社からも「Xはどうなっているんだ?事情を知らないか」と業界内で話題になっているという。




あくまで噂であるが、芸能事務所Xは経営難から昨年末に大規模な減給を敢行。ほとんどの社員がボーナスのカット、給料が3割ダウンになったと噂されており、所属タレントへのギャラ配分も大幅に変わってしまったという。

そのため、一部では「社員とタレントが組んでストライキを起こしているのではないか」と噂されており、近日中に解散もしくは、最悪の場合は経営破たんするのでは、と噂されている。

(江戸前ライダー ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)



関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る