役になり切るカメレオン俳優B、相手役に本気で惚れてラブシーンが止まらない !

役になりきるのが得意な俳優A。

別名カメレオン俳優とも言われているほど役柄にのめり込むことで業界でも有名だ。




年齢の割には演技力にも定評があり、一緒に仕事をしたスタッフや監督はまたBと仕事を一緒にしたいと絶賛している。

そして、彼の悪口はあまり芸能界では聞かない。人間的にも好かれている証拠であろう。

そんなBの唯一の問題点は、役柄になりきり過ぎるうえ、撮影中はその役の人格になってしまうことである。

例えば、恋人や妻がいる役を演じる時なども当然、凄まじい感情移入で相手役の女優に対して本当に恋愛感情を持ってしまうのだそうだ。そのために、ラブシーンの撮影などは演技を通り越して、全身をまさぐる、舌を入れるなどは当たり前だといい、時には女優も引いてしまう程のコテコテの実技になってしまうという。

また、くせのある役柄が多いために、撮影中はスタッフとの打ち合わせもその人格になりきっているために、全くビジネスの話が通じなくなるというのだ。




特に犯罪者、探偵、忍者、屈折した人格の時などは撮影を進めるのはかなり大変だという。

カメレオンばりに同化し、演技力のある俳優とはなかなかやっかいな存在だ。

(松田ゲン ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)


関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る