大物俳優C、ホテル従業員を品定め!?ほとんどパワハラ

見た目は男らしい人が実は同性愛者だった・・・よくある話だ。しかし、そうだからと言って、その人の天性の問題なので、とやかくいう権利は誰もない。

ただ、この超大物男優だけは少し話が違うようである。




もう40年以上ものキャリアのある男優Cは、映画、ドラマ、そして舞台と大活躍の芸歴で、テレビCMでも老若男女に顔が知られている。

さて、そのCに関する少々不快な話を現在、大学時代の後輩から聞いた。

Cは後輩が勤務する都内のホテルを定宿にしてるらしく、また時にはパーティーやファンイベントを開くなど、上客なのだという。ただ、そのことをいいことになのか、それとも単に横暴なのか、ホテルの男性従業員を相当困らせているらしいのだ。

たとえば、新卒でまだウブな客室係の男の子が部屋の案内をするときなどは、上から下まで嘗め回すように見つめ、時にはタイプの子の場合必要以上に接近して、やたらとボディタッチをしたがるようなのだ。

特に事情をあまり把握できない新人などは、有名人で上客のCの行動には逆らえるはずもなく、また聞かれるままに個人の電話番号まで教える羽目にもなるという。その後、Cからのマメな電話攻撃があることは想像通りである。

その昔、Cから同じことをされたであろう上司に相談しても「お得意様だから我慢してくれ」と、にべもない応答しか返ってこないようなのだ。




後輩もやはりCの好みのタイプであるらしく、何度かプライベートなお誘いがあり、今まではやんわりと辞退してきたが、そろそろ断り切れなくなっているそうで、そのことを考えるだけで今の職場を辞めたいとまで思うようになっているという。

後輩は現在テレビや雑誌などでCの顔を見るたびに、条件反射によって知らないうちについお尻に力が入ってしまうほど、Cとのことがトラウマになりつつあるようだ。

(赤池 純 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る