お台場「山口敏太郎の妖怪博物館」閉店まであと3日!29日で営業終了

お台場のデックス東京ビーチにて、異色の店舗として開店し、カルト的な人気を誇っていた「山口敏太郎の妖怪博物館」が1月29日に営業を終了する。

館内には数々のUMAのミイラなどを初めとした、館長である山口氏が、資料として集めた多くの珍奇・怪奇な物品や妖怪の浮世絵・古文書、日本や世界の民芸品が多く並んでいる。




また、店頭には既に絶版となっている山口敏太郎の処女作をはじめとする著作も、最近の作品も含め販売中。サイン本もあるので、ファンであれば見逃せない。

他にもオカルトTシャツに博物館パンフレットなど、ここでしか買えないオカルトグッズも販売中。

博物館は閉店後の展開についても計画中とのことであるそうなので、今後の情報が得られた場合は追って報告する。

これらの貴重な品々を間近で見ることができるのもあと僅か。ファンの方は是非!

公式サイト
https://www.odaiba-decks.com/shop/tenant/post-36.html




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る