犬鳴峠の火ダルマ幽霊

 福岡県の犬鳴峠は全国的に有名な心霊スポットであり、様々な噂が囁かれている。

 深夜にもかかわらずヒッチハイクを求める女性が目撃されたり、血にまみれた姿の老婆が出るなどの目撃談に始まり、「旧犬鳴トンネル」の存在、さらには立ち入ってしまうと村民に殺されてしまうと言われている「犬鳴村」の話など、心霊現象から恐ろしい風習を持つ治外法権的な集落の存在まで、多くの怪奇談が存在する場所なのである。




 そんな犬鳴峠では火ダルマになった男の霊の目撃談が存在する。
 深夜、夜の闇が支配する峠に、全身を炎に包まれた霊が出現するというのだ。炎で体が焼かれるというそのあまりの苦痛から、まるで踊っているかのような姿で地獄の苦しみを見る者に訴えかけるのだと言われている。

 この話は80年代に福岡県を中心に広く流布され、そのあまりに不気味な姿からひどく恐れられたものであった。
 なぜこの峠に全身火達磨の男の霊が現れるのか。それはある実在した陰惨な事件が関連しているのだと言われている。

 事件は1988年の12月、20代の工員の男性が5名の不良少年グループに「車を貸せ」と迫られたことに端を発する。男性がこれを断ると不良グループは暴力をふるい、さらには拉致して犬鳴峠へと連行する。そして度重なるリンチや崖から突き落とそうとするなどした末に、前述した旧犬鳴トンネルで男性にガソリンをかけ、火をつけて殺害したのであった。

 あまりにも残虐な犯行であり、加害者には激しい怒りの念を禁じ得ない事件である。
 厳密には、この事件が都市伝説化したものかどうかは不明なのだが、炎に包まれた霊がこの事件で被害者となった男性のものだとしたらなんともやりきれない。




 犬鳴峠では他にも事故や事件が数多く起きており、付近に存在するダムでも自殺者が出たり、殺害された被害者の遺体が遺棄される事件なども起きている。こうした様々な事件や事故が起きていることが、数々の都市伝説を生む要因になっているとも考えられる。

 そもそも犬鳴峠に事件や事故が数多く起きるのには、地形的な要因が関係しているのかもしれない。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

※画像 ©PIXABAY

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る