美人女優B、あのエッチな性癖は完治した!?きっかけは仏教の教え?

かつて「セックス依存性」として週刊誌などで騒がれていた美人女優のBが、長年にわたり苦しんでいたこの精神疾患をついに克服した、という噂が業界人の間で話題になっている。

Bの依存症は芸能界でも有名で、男性アイドルからイケメン俳優などこれまで噂になった男性は数知れず。




もちろん誰にでも心を許すわけではなく、Bと性的関係になるためにはルックスのほか演技力、知名度など事細かに合格ラインが決められており「Bと寝ることが出来れば売れっ子」と考える若手俳優も多かったという。

Bが依存性となった理由であるが、子供の頃から人見知りをする性格でプライベートの友人も少なく、唯一リラックスできたのが不特定多数との性行為だったという。

ところがある日をきっかけにBはこの性依存性から脱却し、現在は2年以上も男性を受け入れていない日々が続いてるという。

Bがどうやって依存症から抜け出したのかは明らかになっていないが、とある情報筋によると「仏教」と出会ったことで、Bは仏教思想を極めるために出家僧に話を聞く機会を得たことが原因ではないかといわれている。




どうやらBは多くの出家僧が性行為はもちろんのこと、様々な禁欲的な生活を行っていることに感銘をうけ、自身の奔放な生活からの卒業を決意したという。

関係者が語るのには、Bが次に自身のカラダを男性にゆだねる時期は「結婚するとき」と心に決めていて、ようやく担当マネージャーもホッと胸をなで下ろす日々が続いているという。

(文:パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿


ページ上部へ戻る