光の軌跡を残しながら新春の空を飛ぶUFO!

年末年始にもUFOの目撃証言は世界各地で報告されている。だが、おめでたい年始と重なっているせいか、その見た目も神々しかったり、神秘的に見えるものが多いようだ。

こちらの写真は、2017年を迎えてすぐの1月3日にイングランドはニュートンアボットのガーンジー島にて撮影されたものである。




撮影したのは英国の民間UFO研究チームに所属している人物であり、午後1時30分頃に空に奇妙な発光体が存在している事に気づき、カメラを向けてみたのだという。

拡大して撮影したものがこちらの写真だ。発光体UFOは珍しくないが、いびつな形で中央から虹色の光が出ているように感じる。中央には光る人影のようなものがあり、そこから一筋の光が指しているのだ。




問題の発光体はすぐに姿を消してしまったそうだが、撮影者は6枚の写真の撮影に成功したという。

このような形状と光を放つ特徴を兼ね備えたUFOの目撃証言は非常に珍しく、写真に捉えられるのも稀であるため、海外のUFO研究家らは2017年の年始にふさわしい優れたUFO写真であり、今年も幸先のよいスタートとなるものではないかと期待の目で見ているそうだ。

(飯山俊樹 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

関連記事

最近の投稿


ページ上部へ戻る