芸人Cが若年性痴呆症!?スタジオはカンペだらけとの噂・・・

とある情報筋によると現在、数多くのテレビ番組に出演中の有名バラエティタレントCが「若年性認知症」を患っているのではないか?と噂になっている。

Cはまだ認知症を患う年齢ではないが、台本を事前に渡しても全く覚えることができないといわれ、リハーサル中には常に遠い目をしていることが多いという。

Cはこれまで数多くのバラエティ番組を牽引してきた実力者であり、本人のプライドも考慮することで公表こそされていないが、担当マネージャは早い段階から状況を把握しており、番組スタッフに頼み込み、セリフの軽減およびカンペ用紙を用意してもらっているという。




Cは未だ自分自身が若年性認知症となっていることを認めていないため、これからも変わらずに第一線で頑張るつもりであるようだが、所属事務所はCの生放送の出演やラジオ出演を一旦セーブしており、2017年は今までのように頻繁には出演することはないと囁かれている。

もっとも、若年性認知症は完治することはできなくとも投薬によって症状を遅らせたり、軽減することができるため、一日も早くCが認知症を患っていることを知らせる必要があり、事務所およびマネージャは頭を悩ませているという。

(文:パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)




関連記事

最近の投稿

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ページ上部へ戻る