【都市伝説】あの人気特撮俳優が「風俗ライター」に!?一体何があったのか?

昭和時代に子供から大人気を博した某特撮番組「K」の主役Sはすでに故人ではあるが、亡くなる数年前に風俗ライターとして活躍していたという噂がある。

「K」は昭和時代に大人気を博した「仮面ヒーロー」もので人気をあったが、放送終了後、主役を演じたSは「ヒーロー役者」のイメージを払しょくすることが出来ず、ヒット作に恵まれなかったために収入が低迷した。

そしてSはさまざまな職を経験した後に風俗ライターとしてデビューしたという。




特撮ヒーローから風俗ライターへ転身と聞くといかにも落ちぶれたように聞こえるが、Sの風俗レポートは何故かとても人気があり、一時はスポーツ新聞などで連載を持つまでになってしまったものだから世の中わからない。

また、2016年に借金問題で話題になった元特撮ヒーロー役者のT氏のように、いくら元特撮ヒーローといっても食べていけないケースは数多く、役者以外の副業を行う俳優は多く存在する。

自ら事業を起こす元ヒーロー役者も数多いが、成功した人もいれば失敗する人もいるため最終的には個人の能力次第であり、Sの風俗ライターのような仕事も役者と同じようにたまたま才能があったということだろう。

(文:パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)




関連記事

最近の投稿


ページ上部へ戻る