大麻汚染、人気番組の放送作家Bまで!?大麻キメながら企画会議

芸能界には大麻愛好家が多い。それは演者に関わらず、スタッフにも蔓延している。

芸能界では大麻吸引が業界チックでカッコ良い。自分らは一般人とは違うから吸っても良いと考える人物が複数存在する。

彼らの主張は次のような感じである。

「大麻の何処がいけないの?」
「大麻はタバコよりずっと体に良いから」




過去に多くの人気番組を手がけてきた放送作家Bも同様だ。かつては撮影現場で大麻をキメて、企画会議にもトリップ状態で出席して周囲を唖然とさせたという。

海外ロケなども大麻と女遊びが目的で、撮影などはアリバイづくりであり、一緒に遊んでくれるバカなタレントと共に経費を使いまくったとされている。

こんな連中が今もトップをはる芸能界だから、大麻汚染が収まるわけがない。

(白井たすき ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)




関連記事

最近の投稿


ページ上部へ戻る