謎の文明ともつながりがある!?新発見の遺跡「サマイパタ遺跡」

 サマイパタ遺跡は1998年に世界登録されたボリビアの古代遺跡であり、世界中から多くの観光客が集まってくるパワースポットである。

 ボリビアのサンタ・クルス県に位置し、オリエンタル山脈の標高1950mという高度にある遺跡であり、ボリビア版「マチュピチュ」という異名もとっている。この遺跡は度々「サマイパタの砦」とも呼ばれるが、見晴らしがよくもし敵から攻められて守りやすいことから、砦と呼ばれるに至った。

 この遺跡には不思議な彫刻が多数刻まれており、宇宙との交信場だったとか、宗教儀式の聖地だったとか噂されているが、定かではない。岩肌には人間の顔を始め、ジャガー、ヘビ、ピューマ、運河、階段などが刻まれており、それが観光客の目を楽しませている。




 作家のエーリッヒ・フォン・デニケンは、この遺跡こそが、「空飛ぶ円盤の発着場であり、宇宙人が飛来した場所」だと主張した。確かに岩肌にはヘリコプターの着陸ポイントのような大きな円が刻まれているが、果たしてそうであろうか。

 この「サマイパタ遺跡」は、アマゾンの巨人たちが築いたとされる「モホス文明」と関係があるとも推測されており、南米に数多く派生した文明都市のひとつの頂点のような町であった可能性が高い。宇宙人の関与の可能性はないとも言えないが、古代の人類の叡智で充分構築出来る文明である。

(山口敏太郎 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)




関連記事

最近の投稿


ページ上部へ戻る