【もはや呪い】草なぎ剛主演『フードファイト』SMAP解散で完全封印決定か?

12月31日で解散を迎えるSMAP。看板番組『SMAP×SMAP』は終了、メンバー個人が担当している各々のラジオは、木村拓哉の番組以外は「SMAP」の名前を外して続行される。

現在の仕事については上記のような措置がとられているが、過去に発表された作品(楽曲の再販・出演作品の再放送など)の処置については未だ公式発表はされていない。




さて、SMAP解散により「完全に封印が決定してしまった作品」が一本存在するという。

それは草なぎ剛が2000年に主演したドラマ『フードファイト』である。平均視聴率は17.2%、最高視聴率は21.5%を記録した大ヒットドラマであり後にスペシャルドラマも2本作られた。

ところが根強い人気に関わらず『フードファイト』は相次ぐ社会的事情によって現在「封印作品」となってしまっている。

まず、第1の要因として挙げられているが、出演者の相次ぐトラブルである。『フードファイト』は毎回豪華なゲストが草なぎ剛演じる主人公と早食い対決をするのだが、出演者ゲストのいしだ壱成が大麻取締法で逮捕。羽賀研二が詐欺罪で逮捕されている。いしだ壱成については現在のところ出演シーンの封印は解けているが、羽賀研二については2019年まで沖縄刑務所に服役予定なので、少なくとも出所まで放送は不可能だと思われる。




また、2002年には同級生と早食い競争を行っていた中学生が食べ物を喉につめらせ窒息死する事件が発生した。『フードファイト』が直接的な原因なのかはわからないが、この事件をきっかけに早食い番組は自粛ムードとなる。

『フードファイト』は上記の事情からか、DVDはおろか再放送もされずに現在に至っている。しかしながら、この番組の主題歌がSMAPの名曲『らいおんハート』であったり、木村拓哉が草なぎ剛の飼っている九官鳥の声を担当していたことなど、名作ゆえにメディア化や再放送を期待する声は多い。

(文:パンダ・レッサーパン・ダグラフ ミステリーニュースステーション・ATLAS編集部)




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る