頭部がレモンに似た宇宙人、リアル岡レモンか?

 今から21年前の1995年にイギリスのスタッフォードシャーにて、レモンのような頭をした宇宙人による地球人誘拐未遂事件があったらしく、目撃者によって描かれたその宇宙人が乗っていたUFOの絵が公開された。

 この知られざる拉致未遂事件は、2009年8月にイギリス政府がディスクロージャーした800件の事件のうちの一件である。




 特に興味深いのは、宇宙人の頭部がレモンに似ていた点である。かつて頭部がバナナの宇宙人やバレリーナのような服を着た宇宙人も目撃されており、イギリス人の宇宙人に関するぶっとんだ感覚に驚きを隠せない。

 このナイナイ岡村扮する「おかレモン」のような宇宙人は、「我々は貴方がたを必要としております。私たちと一緒に来てください」と言って少年たちを連れさそうとしたため、少年たちは宇宙人を振り払い逃走。警察に出頭し、UFOのスケッチを描き、自分た
ちの体験を報告したが信じてもらえなかったという。

 このスケッチにUFOににた物体は、1994年にイギリスで開催されたロックイベント「グラストンベリー・フェスティバル」の上空に出現したという。宇宙人はロックにも興味があるのであろうか。

 宇宙人による人間拉致はここ数年で新しい側面を見せている。2008年頃から、宇宙人によって火星に囚われている人がメールで助けを求める事例が報告されている。この奇妙なメールの差出人は「Major Greg Boner Moyo」という、南アフリカ出身の人物であり、NASAの業務の関連で火星で勤務していたという。

 こ


の勤務中に火星人から肉体的な苦痛を与えられ、不治の病になってしまった。現在、彼は火星の首都「zhwrong」の病院にて治療中だが、もはやあとわずかの命しかないというのだ。どうやら、このメールは性質の悪い悪戯メールだったが、21世紀らしい新しいバージョンである。

(ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)

関連記事

最近の投稿


ページ上部へ戻る