縫って、塗って、編んで…カラフルな「地獄」小嶋独観子の展覧会

12月9日(金)~12月11日(日)まで、原宿・デザインフェスタギャラリーWESTにて、造形作家・小嶋独観子による展覧会『グロテスク☆ポップ~地獄と世俗展』が行われる。

002

日本、アジア、そして世界各地を巡り、そこで得たイメージを作品に投影した作品を作る小嶋独観子。今回のメインテーマは『タイの地獄』。




ハンドメイドで、縫って、塗って、編んで、組み立てた作品たち。グロテスクだが、カラフルでどこかポップな世界。100cm×180cmぐらいの、掛け軸づくりの作品がメインになっている。作品はクルクル巻いて持ち運びでき、フックひとつで展示可能。

003

また、大型作品のほか、自撮り熟女・マキエマキさんモデルの作品も出展する。さらに、珍寺大道場(小嶋独観)による地獄本の限定発売や、さまざまなグッズも。会期中は作家が在廊する。




協力:椋橋彩香(地獄研究家)小嶋独観(珍寺大道場)

小嶋独観子 Dokkanko Kojima cooperated with 椋橋彩香(地獄研究家) 小嶋独観(珍寺大道場)
『グロテスク☆ポップ~地獄と世俗展』

004

<開催日時>
2016年12月9日(金)~12月11日(日)
11:00~20:00(最終日は19:00まで)

<会場>
原宿デザインフェスタギャラリーWEST 1-F
東京都渋谷区神宮前3丁目20-18

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る