【実話怪談】子供の目

「子供って、いろいろと見ちゃう、って言うよね」

 そう、友人は筆者に言った。

 大学時代からの付き合いである友人は、今は結婚して実家のある隣県で暮らしている。3歳になった下の子は、たまに子供にありがちな支離滅裂な話になるものの、ある程度のお喋りが出来るようになっていた。好奇心も旺盛で、毎日色々な物に興味を示してあれこれ話してくれるのだが、たまに妙な事を言うという。

ウラナ

先日、お彼岸だったので主人と共に墓参りに行ったのだが、ふと目を離すと子供がいない。慌てて探してみると、別の家の墓に入りこんでしゃがみ込み、なにやら話しながらいたずらをしていたようだった。

 人様のお墓だったこともあって、急いで墓から連れ出そうとすると、その子は激しく嫌がった。

「こんな所でイタズラしちゃ駄目でしょう!」

 彼女がそう言うと、その子は墓の一角を指さして

「イタズラじゃないよ、女の子とあそんでたんだよ」

 その子の指の先には、墓と並んで立つ小さな地蔵があった。

「水子か何かの供養のためのお地蔵様、よね……その時は、とにかく『いいから帰るよ』って急かして帰ってきたんだけど」

 確かに、幼くして亡くなった子供のためか、墓の敷地内にお地蔵様を置いていたりする家は多い。しかしその子は、しばらくそのお地蔵様に向かって話しかけていたばかりではなく、帰る時にはお地蔵様に向かって「ばいばい」と手を振ったのだという。




 やっぱり子供は何か見えていたのかも、と筆者が言ってみたところ。

「……でもね、今も……家で、何も無い所を向いて楽しそうに話かけたりするのよ。試しに『誰かいるの?』って冗談で聞いたら、『こないだの女の子』って……」

 幼くして亡くなってしまった子が、遊び相手を求めてついてきてしまったのだろうか。彼女の子供は、今もたびたび何も無い所に向かって手を振り、話しかけることがあるという。

(ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る