ASKA覚せい剤入手ルート判明!?福岡飲み屋ネットワークから3倍価格で入手?

二度目の逮捕により、その供述が注目されているASKA容疑者。

ニューアルバムが発売される直前であり、あまりにタイミングの良さに筋書き通りであるとか、または警視庁の陰謀ではないかと言われている。




さらにASKA容疑者が発売予定だった暴露本の内容、特に飯島愛の死亡事件の真相暴露が密売組織の逆鱗に触れ、まんまとハメられたのではないかとも言われている。

上のような荒唐無稽な話はともかくとして、あくまでこれは福岡の飲み屋界隈での噂話と前置きするが、ASKA容疑者がレコーディングで福岡にいる話は広く吹聴されていたようで、多くの密売人がASKAに接触を試みていたという。

その結果、ASKAは遂に覚せい剤を入手してしまい、今回もまた誘惑に負けて使用してしまったと噂されているのだ。

(隼 英人 ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)







関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る