【動画】遊具で遊ぶ「見えない友達」!?公園のポルターガイスト

本アトラスでは、以前父親が撮影した「公園で激しく揺れ動くブランコ」の動画について報告した。

夜、誰もいない公園で、まるで誰かが遊んでいるかのように独りでにブランコが動いている…というのは怪談でよくあるものだが、それが昼間目撃したものであったとしても、気味が悪い現象であることは間違いない。




こちらの動画は日中、メキシコのカンクンで撮影されたものだ。撮影者は女性で、自分の子供を公園で遊ばせようと思ってやって来た際にこの現象を目撃。どうして動いているのか解らず、気味が悪くなってスマートフォンで一部始終を撮影したのだという。

こちらの動画は、以前アトラスでも紹介した4月にチリで撮影されたケースに近いかもしれない。

この遊具ははジムにある重量挙げの機械に似た構造をしており、イスの上に付いているバーを上げ下げして遊ぶ仕掛けになっている。この動画では、前回紹介した動画よりはまだ大人しい動きになっているが、約23秒間にわたって「見えない先客」が遊んでいるように見える様子が収められている。




よく見ると、公園には同じタイプの遊具が他にも存在しているのだが、そちらには異変が起きていない上に、遊具の構造を考えると風によって動いたとは考えられない。また故障したとも考えづらい。

なお、動画と報告を受けて公園には遊具のメンテナンス会社が点検に訪れたそうだが、そこでも異常は確認できなかったという。

果たして、この動画に写ってしまったものは何だったのだろうか?

関連動画
Children Left Terrified after ‘GHOST’ is Filmed Pumping Iron on Gym Machine in Public Park [VIDEO]

(加藤文規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

※写真はYOUTUBEからのキャプチャ

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る