「イギリスのネッシーがここしばらく目撃なし!失踪したネッシーは海に移住した?」

「世界でも最も有名な未確認といえば、イギリス・ネス湖の「ネッシー」である。

聖コロンバ伝にはネス川の怪物を退治した話が乗っており、古代からイギリス人には親しまれてきたようだ。




言わば、イギリスのアイドル怪獣というべき存在で、毎年数万人がネッシーを見るためにネス湖を訪問しているという。勿論、経済効果も莫大で、イギリス経済にもよい影響を与えているのではないだろうか。

そのネッシーが行方不明だというのだ。1925年に発見されて以来、目撃例が途絶えたことがないネッシーに何が起こったのか。ネッシー観測歴17年のギャリー・キャンベル氏の証言によると、ここ数年目撃事件が減っており、”ネッシー死亡説”さえ飛び出しているらしい。

実は、ネス湖にネッシーが生息している、という仮説には致命的な欠陥があった。太古よりあの狭いネス湖にて、子孫を残し続けているということは、遺伝子上の近親婚を避けるために200頭はネッシーが必要である。(そうしないと遺伝病で死滅してしまう)

だが、もし200頭もあのネス湖に生息していれば、食料どころか酸素も不足してしまい、始終あちこちでネッシーが呼吸のために浮上していないといけない。

でも確実にネッシーは撮影されており、目撃されている。何らかの巨大生物があそこにいるのは間違いない。

そこで筆者は、ひとつの仮説を持っている。それは、




”ネッシーは海で生活し、繁殖か何か理由があって時々ネス湖に顔を出す”

というものだ。つまり、遡上する魚類のようにネッシーは海で日頃は生活しており、交尾や産卵など何らかの理由で、地下水脈などのルートにより、ネス湖に時折行っているのではないか。ネス湖からネッシーが消えたのではなくて、昨年起きたイギリス国内の水温上昇などの理由により、

”ネッシーがネス湖にいかなくなった”

のではないだろうか。

ちなみに、ネス湖に近いイギリスの近海ではネッシーそっくりの”モーゴウル”というUMAが目撃されているのだ。

※本連載は『フーミー』および『まぐまぐ』で毎週配信中の山口敏太郎メールマガジン『サイバーアトランティア』の傑作選です。
現在会員募集中なので気になった方はぜひ定期購読をお願いいたします。

【メルマガの登録はこちらまで】
フーミーhttp://foomii.com/00015
まぐまぐhttp://www.mag2.com/m/0001368191.html

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る