プレシオサウルス出現!?古代生物の多く目撃されるフロリダ近海の謎

地球の七割を占める広い海には、未だに知られていない新種の生物や、古代生物がそのままの姿で生き残っているのではないかと言われている。

海で既知の生物とは違う生体的特徴を持つ未確認生物の目撃証言が多いのもそのためだろうか。

アメリカはフロリダ州にて、既に絶滅している古代生物プレシオサウルスのような生物の姿が目撃されて話題になっている。




目撃した人物は、フロリダ州の海にある釣り場で、友人とともに「ネス湖のネッシーのような」巨大な生物を目撃したと証言している。

問題の生物は、彼らが釣りをしていた際に魚影に向かって近づき、水面近くまで3~4フィートはある巨大な姿を現したという。

S字型に湾曲する長い首、太い尾にパドルのような大きなヒレ。黒く大きな丸い目をしており、目撃者と目が合った生物は身を翻して再び水底へと沈んでいったらしい。

フロリダ州では、過去にも泳いでいた若者たちが古代生物のような生物に襲われるという事件が報告されている。同州ペンサコラ湾で目撃されたその生物は、ワニやサメなどではなく、モササウルスのような外見をしていたという。

ウラナ

なぜフロリダ州からは古代生物のような生物の目撃証言が多く存在しているのか。

もしかすると、フロリダ州近海には古代生物が生息しやすい環境が存在しているのかもしれない。今後も古代生物は姿を現してくれるのだろうか。

(加藤文規 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)




関連記事

最近の投稿


ページ上部へ戻る