【動画】火星表面を動く生物!?連続写真で撮影成功!

これまでにも、本アトラスでは「太陽系で、地球以外の天体にも生命が存在していた!?」という報告を何度か行ってきた。

探査機や探査衛星による調査が多く行われており、画像データ等が送られてくる月や火星からは特に生命の痕跡らしきものが発見されている。だが、その大半はあくまで静止画一枚であったり、化石化しているように思われるものが確認できたりというものが殆どだった。

だが、先日海外のUFOファンが「火星表面上に動く虫らしきもの」の姿を発見した!?として話題になっている。




問題の動画はNASAから公開されている探査機マーズ・オポチュニティのローバーに搭載されているカメラが撮影した連続写真だ。

この写真では、ローバーのアームが調査のために地表を掘削している様子が連続で捉えられているのだが、そのローバーから逃げるようにして、黒く小さな物体が移動していく様子が捉えられている。

枚数は少ないが、その動きは地表を素早く這って逃げる虫によく似ている。当然、現在の火星の環境では高等な生物は存在しないとされている。では、この写真に写ってしまったものの正体は何なのだろうか?

勿論生物などではなく、探査機のドリルが飛ばしてしまった石ころや岩の破片などではないか、という意見もある。しかし、跳ね飛んだにしては動きが遅く、一度止まって少し右に方向転換もしている。また動画を拡大してよく見てみると、ミミズに似た細長い生物も一緒に映っているという。




火星の探査機から送られてくる画像には、恐竜や火星人の化石らしきものや、「マーズ・ワーム」というミミズに似た生物らしき姿が写り込んでいる、という話がある。

このような生物らしき姿が捉えられると言うことは、やはり火星には我々が知らないだけで、生命体が存在しているということなのだろうか?

(飯山俊樹  ミステリーニュースステーションATLAS編集部 )

関連動画
NASA What Has Curiosity Rover Detected Here? Explain!!

関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る