ボブ・ディランまさかの「ノーベル文学賞」受賞!秋元康は預言者?

10月13日、日本時間20時頃、2016年のノーベル文学賞がシンガー・ソングライターのボブ・ディラン(75)に送られることがわかった。

ボブ・ディランは「詩的表現」という意味での受賞とのことで今回の受賞となったわけだが、実は今年の文学賞候補者にもボブ・ディランの名前は入っており受賞の可能性はあったとされている。




しかしまさかの文学者ではないボブ・ディランということで全世界で驚きの声があがっている。

受賞者が音楽畑ということで受賞コーナーを用意していた全世界の書店員は残念であるが、明日は世界のCDショップでボブ・ディランのCDが盛況となることと思われる。

そんななか、唯一「ボブ・ディランの受賞を予言した?」とされる人物がいる。

それが日本の音楽プロデューサー・秋元康である。

秋元氏は2016年8月10日に欅坂46の歌唱で「ボブディランは返さない」という曲をアルバム「世界には愛しかない」内で発表している。




これは夏のカップルが別れる歌で歌詞中にカレが貸したと思われる「ボブ・ディランのCD」がアイテムとして使われている。

今回の「ボブ・ディラン受賞効果」でボブ・ディランのレンタル率は高くなると思われ、「ボブディランは返さない」の世界がリンクした、と話題になっている。

おそらく明日のレコードショップでは本家ボブ・ディランのほかに欅坂46「ボブディランは返さない」も話題になると思われ、秋元康の予言ともいえる経営センスが発揮した瞬間だったともいえるだろう。

(文:ミッチェル横山 ミステリーニュースステーションATLAS編集部)





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る