「地震のミタテ」から観取できる事実VOL.2 その高度な的中率

10月8日午前1時46分頃、熊本県の阿蘇山が36年ぶりに噴火した。




噴煙は上空1万メートルにも達し、広い範囲で火山灰が降り積もっている。なお、本日の阿蘇市に断続的に降った雨で火山灰が溶けて、硫黄のにおいが立ち込め、道路はスリップしやすくなっているという。

硫黄と言えば、9月20日と23日の記事で紹介した「どこからか硫黄のにおいがしていた」という件は今回の噴火と何らかの関係があったのだろうか…。

さて、先日アトラスで紹介させいただいた防災サイト「地震のミタテ」であるが、実は今回の自然災害(地震、火山噴火)も予測していた。

2016年9月29日05:06時点での有明海+周辺の予報を出した9日後の本日、上記の通りに阿蘇山が噴火し、気象庁は噴火警戒レベルを2から3に引き上げ、火口から約2キロの範囲に立ち入らないよう警戒を呼びかけた。




またこれ以前のことであるが、見事に地震を予測していた。

2016年9月27日21:19時点での宮古島近海~石垣島近海+周辺(台湾付近、台湾東部など)の予報を出した9日後の10月6日午後11時51分頃(現地時間)、台湾付近で震度5弱相当の地震発生した。

さらに2016年9月22日21:14時点での大阪湾+周辺(兵庫県南東部、淡路島付近など)の予報から5日後の9月27日11時29分頃、大阪府で最大震度1を観測する地震があった。震源地は兵庫県南東部、M2.3。

ATLASは読者の好奇心を煽るつもりもないし、またいたずらに記事を書いているつもりは毛頭ない。しかしながら、このように「地震のミタテ」が的確に予測できているのには事実である。

また前回でも述べたが、「地震のミタテ」の情報は防災・減災が最大の目的であり、現時点では対象地域と注意期間の発表のみを行うことで注意喚起を促しているだけである。

まずは、皆さんも下記からご自分で確かめられるといいのではないだろうか。

「地震のミタテ」
ブログサイト:http://guratto.blog.fc2.com/
ツイッターアカウント:https://twitter.com/jishin_mitate

(ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る