【ショック】やはり問題だった!?ふるさと納税PR動画「うな子」削除!





本ATLASでも報じた鹿児島県志布志(しぶし)市のふるさと納税返礼品のPR動画が9月26日未明に掲載元のYouTubeから削除された。

この動画は志布志市の名産であるうなぎをスクール水着の少女「うな子」という人間に見立て、天然水の大切さや志布志市の天然うなぎの美味しさを映像化したものだったが、動画公開直後に一部の視聴者から「性的すぎる」「残酷である」と非難が相次いでいた。

動画内で特に非難されていたのは「うな子」が「養って」と訴えるシーン及び、動画のラストで蒲焼のカットが挿入された直後に再び、次の新しいうな子が登場するカットで「カニバリズムに近い恐怖を感じる」と話題になっていた。




現在、志布志市側からの正式なコメントはなく、非公開となった本当の理由は不明だが、恐らくは上記の批判を受けてのものであると思われる。

しかし、一部では「水の綺麗さや大切さはよく学べる」という意見も多かったこともあり、今後、志布志市がいかなる経緯で削除に至ったか、またどのようなコメントを出すのか注目されている。

(文:網元メロンパン ミステリーニュースステーション・アトラス編集部)




関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る