伝説の魔女?新種UMA!?メキシコで撮影”光る”フライングヒューマノイド」

近年中南米を中心に注目を集めた未確認生物で、フライング・ヒューマノイドというものが存在する。人間に似たシルエットの存在が空に浮かんでいる、というものだが、背中に翼があったり推力を発生させるようなものを身につけているわけではない。黒い人型の物体が意思を持ち、重力を無視してゆっくりと動きまわる、そんな動きを見せるのがフライングヒューマノイドなのだ。




フライングヒューマノイドはメキシコで目撃されたのが初めだとされている。最初に目撃した人物は警察官であり、木の上から黒い服を着て髪を振り乱した人のようなものが舞い降りてきて、警ら中のパトカーに対して攻撃を加えてきたと証言している。フライングヒューマノイドの正体は不明だが、メキシコには昔から空を飛ぶ魔女の伝説が残っている。目撃当時は、フライングヒューマノイドは伝説の魔女が復活したのではないかと噂されていた。

さて、前述のとおりフライングヒューマノイドは、どちらかと言うと「黒色」という証言が多い。カメラに撮影されることもあるが、いずれも撮影者からかなり離れたところを黒い人型の物体が浮遊しているというものが大半であり、詳細なディテールまでは確認できないのが殆どだ。

そんなフライングヒューマノイドの新たな姿を目撃し、カメラに収めることに成功した女性が現れた!

撮影者の女性は、メキシコで観光ガイドを行っており、普段から自分が撮影した画像などをSNSで公開していたという。その日もメキシコのイダルゴ州ウアスカ・デ・オカンポにてナイトツアーのガイドを行っていた。すると、彼女らの前に突如まばゆく光る火の玉のような物体が飛来。彼女が慌ててスマートフォンを向けた所、そこには画像のような物体がしっかりと撮影されていたのである。

白く長い服をまとった人間らしき物体。叫んでいる骸骨のようにもみえる顔、両手は何かをつかもうとしているかのようだ。メキシコでは、伝説の魔女は森や丘に火の玉の姿で現れ、空を飛び人間や動物などに変身できるとされている。

彼女が撮影してしまったのはフライングヒューマノイド、伝説の魔女の姿なのか?地元ではこの写真に写ったものの正体を調査中であるという。

関連動画(撮影者のインタビュー有)
¿Bruja en el bosque? Extraordinaria fotografía en México





関連記事

最近の投稿

ページ上部へ戻る