カテゴリー:呪術

  • 現代のツールで変容していく都市伝説

     ここ十数年の間、インターネットや携帯による「都市伝説」の成立と流布が確認されている。つまり、インターネットによるメール交換、掲示板での情報交換や携帯電話での情報伝達が”ある種、サイバー空間の仮想共同体”に進化したのであ…
  • その声を聴いたものには死が訪れる!!世界一危険な植物「マンドラゴラ」

     『マンドラゴラ』は、精力剤であり、媚薬であり、一説には不老不死の薬の原料になりうると言われている奇妙な植物だ。食べた者には幻覚が見えたり、幻聴が聞こえたりするとも言われており、劇薬のように扱われた。ヨーロッパの民話には…
  • 邪眼の青い目 トルコの魔除・ナザールボンジュ

     数年前、仕事で知り合った友人のSくんが、海外旅行(バリ島) のお土産に買ってきてくれた、謎のおみやげが山口敏太郎の事務所に存在している。  それは大きなガラス製の円盤で、透明で深い青色をした部分の中央に、白と青の…
  • 呪術が今なお生きているアフリカの死生観と異界

     アフリカでは、いまだにシャーマンや呪術が信じられており、通常の医学よりも呪術医が処方する薬草の方が珍重されたりする場合が多い。  たとえば、ワールドカップのアフリカ予選などでもサポーターに混じって、シャーマンが鎮…
  • 自殺を誘う女神が住むマヤ文明「死の世界」

     中米、特にメキシコ人にとって”死”とは、暗いものや悲しいものという概念は無い。  むしろ雑貨や日常品に髑髏をデザインし、積極的に死を楽しんでいる雰囲気があるし、まるで死者がこの世界での生活を継続しているかの如く錯…
  • 日月神示「安倍晋三は地獄の主」!?

     「日月神示」という予言書をご存じだろうか?  神典研究家で画家でもあった岡本天明が「国常立尊」という高級神霊のお告げ自動書記(憑依されて文字を記す)によって記した予言書だ。  「日月神示」は様々な予言を適中…
  • タイで胎児を生け贄にする黒魔術が信仰されている!?

     タイというと「南国の楽園」のイメージを持たれる読者も多いだろう。  そして、あまり知られていないが、幽霊の存在や迷信が広く信じられている国でもある。  「家内安全厄払い」の儀式に、「銃弾から身を守るためのお守り…
  • ハリウッドセレブがハマる魔術団体「東方聖堂騎士団」

    【ビヨンセも信仰!?魔術団体「東方聖堂騎士団」】  昨今、ハリウッドセレブの間で、とある魔術団体が流行しているらしい。その名も「東方聖堂騎士団」。悪名高き魔術師で、ユリ・ゲラーの師匠とも言われる、アレイスター・クロ…
  • メキシコの人形島

    メキシコの首都であるメキシコシティーの南方にあるソチミルコ。同所には「人形島」と呼ばれる島がある。アステカ帝国時代には、生け贄の心臓をえぐっていた場所であり、死者の魂の集まる場所と言われている。 また、この島は、木…
  • 【実話怪談】稲荷守の婆と狐

    私の生まれた阿波徳島は伝説にあふれた町なんですね。特に徳島は狸が本場で、あのスタジオ・ジブリの平成狸合戦が、徳島の伝説である「阿波狸合戦」をモデルにしていることは、あまりにも有名です。つまり、徳島は狸王国なんです。 …

カテゴリー

ページ上部へ戻る